夫婦

自分にピッタリのモノをチョイス|自律神経失調症は漢方で一撃

ホットフラッシュの解消法

漢方

ホットフラッシュとは

人間の体では体温調節機能が働いており、ホメオスタシスとも呼ばれる恒常性が保たれています。周囲の環境が寒すぎたり暑すぎたりする場合でも、通常は室温や服装を調節することで対応できるものです。それも体温調節機能が狂ってしまうと、異常な暑さを感じたり逆に耐え難い冷えを感じたりします。低体温症や熱中症はその体温調節が乱れてしまった例ですが、更年期にある女性は別の原因で体温調節に狂いが生じます。顔などの上半身に異常な熱が発生して、のぼせやほてりの症状につながってしまうのです。こうした症状のことをホットフラッシュと呼びます。上半身は暑くても、下半身は逆に冷えるというケースは少なくありません。こうした典型的な更年期障害の症状は、閉経に伴う女性ホルモンの急激な減少から来ています。体内のホルモンバランスが崩れると、自律神経が影響を受けて体温調節機能が乱れてしまうのです。上半身では必要以上に交感神経が働き、血管を拡張させて血流が活発になっています。逆に下半身では副交感神経が優勢で血流が悪くなっていると考えられます。漢方薬の中には自律神経調節作用を持つ薬も多く、ホットフラッシュの悩みを解決してくれます。

桂皮の効能で症状改善

更年期障害に効くと言われている漢方薬としては、加味逍遥散や当帰芍薬散などが代表的な例です。中でも桂枝茯苓丸はホットフラッシュ改善効果が特に高いと言われています。顔がのぼせているのに手足だけが冷えるといった症状は、血流が滞っていて偏りが生じていることによる症状です。桂枝茯苓丸の主成分となっている桂皮には発散作用があり、毛細血管を広げて血の巡りを良くしてくれます。手足の血行が良くなると、顔などに集中していた血流が全身に分散されてのぼせの症状も解消するのです。桂皮は同じく更年期障害に効く漢方薬の桃核承気湯や柴胡加竜骨牡蛎湯にも使われています。自律神経を安定させて胃腸を整える作用も持つ桂皮は、一般的にシナモンの名前でも親しまれています。漢方薬は敷居が高くてなかなか手が出せないという女性でも、シナモンなら手軽に利用できます。シナモンパウダーなどのサプリメントも桂皮同様の効果がありますので、一度試してみるといいでしょう。コーヒーや紅茶にシナモンを入れて飲むことで、独特の香りが楽しめます。ホットフラッシュ改善には漢方薬が理想ですが、シナモンコーヒーやシナモンティーにも一定の効果が期待できます。